チャウショール外相、エルドアン大統領とプーチン露大統領の会談の予定について

メヴリュト・チャうショール外務大臣が、シリアのイドリブ地域について最も明瞭な政策はトルコが行っていると強調し、トルコはシリアの平和と政治的解決を望んでいると述べた。

チャウショール外相、エルドアン大統領とプーチン露大統領の会談の予定について

パキスタンにおける総選挙の後に同国のイスラマバードを訪問してシャー・マフムード・クライシュ外務大臣と会談したチャウショール大臣は、共同記者会見の際にシリア問題に関する重要な発表を行った。

トルコはシリア問題の解決に向けて大いに尽力していると述べたチャウショール大臣は、

「テロ組織との戦いについて、すべての者と協力する準備ができているが、テロ組織との戦いのように見せかけて無差別に民間人、女性、子ども、どんな人々も殺害することは、人道的ではない。正しいいものではない。このやり方では平和と安寧は訪れない」と語った。

チャウショール大臣は、問題の解決のためにレジェプ・ターイプ・エルドアン大統領とロシアのウラジーミル・プーチン大統領が9月17日月曜日にイドリブ問題についての会談を行うと伝えた。

チャウショール大臣のこの発表の後に、ロシアの大統領宮殿(クレムリン)のドミトリー・ペスコフ報道官も、エルドアン大統領とプーチン大統領が9月17日月曜日にロシアのソチで会談する予定であり、その準備が整っていると伝えた。

エルドアン大統領とプーチン大統領は最近、これもシリア問題について開かれたテヘラン会議で面会しており、そこでイランのロウハニ大統領とともに三首脳会議と記者会見を開いている。

 

(2018年9月15日)



注目ニュース