日本の三笠宮彬子女王がイスタンブールの日本庭園を訪問

トルコを訪問中の日本の皇族の三笠宮彬子(みかさのみや あきこ)女王が9月13日の午前、トルコと日本の協力でつくられたバルタリマヌ日本庭園を訪れた。

日本の三笠宮彬子女王がイスタンブールの日本庭園を訪問

 

 

 

バルタリマヌ日本庭園に到着した三笠宮彬子女王は、最初に伝統的な建築方法により建てられた日本の家屋に足を運んだ。

 

 

関係者から日本の家屋に関する説明を受けた三笠宮彬子女王は、その後、同行者たちと共に家屋の中を見て回った。

三笠宮彬子女王は、その後、日本の象徴である桜がたくさん植えられ、池や滝などがある庭を散策し、写真をたくさん撮った。

三笠宮彬子女王のバルタリマヌ日本庭園には、イスタンブール駐在の日本の江原功雄(えはら のりお)総領事も同行した。

 

 

 

(2018年9月13日木曜日)

 

 

 



注目ニュース