トルコ・アルバイラク財務相とのテレビ会議にアメリカ・世界が注目

トルコ共和国財務省のベラト・アルバイラク大臣は、トルコは外国為替レートの変動から力強く抜け出すと表明した。

トルコ・アルバイラク財務相とのテレビ会議にアメリカ・世界が注目

 

 

 

昨日(8月16日)、世界中の投資家たちとテレビ会議で話をしたアルバイラク大臣は、「トルコの金融システムは信頼性があり強い。金融部門を支援することを躊躇しない。企業は短期負債を払うことができる」と述べた。

インフレ対策では、中央銀行が必要と考えるあらゆる財政アプローチを行うと述べたアルバイラク大臣は、財政規律には決して妥協しないと表明した。

アルバイラク大臣は、「投資家たちからの支持を確認した。トルコ経済への信頼は続いている。信頼感を高めるためにあらゆる取り組みを行う」と述べた。

トルコは自由市場的アプローチから逸脱するほどの危機の時期ではないと断言したアルバイラク大臣は、国際通貨基金(IMF)との合意の予定はないと表明し、「直接投資を招致することに集中した」と述べた。

アルバイラク大臣は、政府が一定の支出削減をすることを明らかにした一方で、「収入面では良い成果を上げているのを確認している」と述べた。

数週間のうちに追加資金源を発表することも明らかにしたアルバイラク大臣は、「新しいマクロ・プルーデンス措置、厳しいマクロ政策と財政政策により、さらに持続可能な成長をつかむ。さらに安定した成長を期待している」と述べた。

数多くの国がアメリカ政府の制裁問題に直面していると指摘したアルバイラク大臣は、「協調し合うことが必要だ」と述べた。

 

テレビ会議には、3783人の外国人投資家が参加申し込みをしたが、実際には6000人を超える人が参加した。

 

 

 

(2018年8月17日金曜日)

 

 

 



注目ニュース