【トルコ主要各紙】の目玉ニュース 2018年8月10日

ハベルトゥルク紙 「国連からトルコに発表」 ヒュッリイェト紙 「イスタンブール新空港の就航日程が確定」 サバフ紙 「ターキッシュエアラインズが大きな跳躍」 スター紙 「防衛産業省とアセルサンの間でHAVA SOJプロジェクト契約が締結」 イェニ・シャファク紙 「世界最古の恋人たちのアクセサリー」

【トルコ主要各紙】の目玉ニュース 2018年8月10日

ハベルトゥルク紙 「国連からトルコに発表」

国連のヤン・エグランド・シリア担当が、シリアの都市イドリブで何百万人もの民間人が脅威に晒されていると述べた。エグランド担当は、イドリブで軍事衝突が起きる可能性を防ぐために、トルコ、ロシア、イランが協力すると述べた。エグランド担当は、必要であればトルコに呼びかけを行い、地域から逃れてくる民間人のためにトルコ政府が国境ゲートを開くよう要請する可能性があると語った。

ヒュッリイェト紙 「イスタンブール新空港の就航日程が確定」

イスタンブール新空港から行われる就航の日程とルートが確定した。建設が95パーセント完了している同空港への移転業務は10月29日に始まる。新空港からの就航は2018年10月31日のトルコ時間14:00に、首都アンカラに向けて行われる。国際線の就航は、北キプロス・トルコ共和国(KKTC)とアゼルバイジャンに向けて行われる。

サバフ紙 「ターキッシュエアラインズが大きな跳躍」

ターキッシュエアラインズ(THY)公共啓蒙プラットフォームの2018年1-7月の運航データによると、2017年1-7月に3750万人だった乗客数が、今年の同時期に15.2パーセント増えて4320万人に達した。乗客数の増加は国内線で17パーセント、国際線で13.8パーセントとなった。満員率は、3.8パーセント増えて81.2パーセントとなった。

スター紙 「防衛産業省とアセルサンの間でHAVA SOJプロジェクト契約が締結」

トルコ国内製防衛システムにさらなる新プロジェクトが追加された。防衛産業省とアセルサン社の間で、航空プラットフォーム電気サポート・電気攻撃能力(HAVA SOJ)プロジェクトの契約が締結された。この契約によれば、2023年に4機の電子戦闘特別機がトルコ空軍に付与される。このシステムが統合された戦闘機は、戦時下では武器、非戦時下では抑止力として使用される。このシステムにより、トルコ空軍は大きな戦闘力を獲得する。

イェニ・シャファク紙 「世界最古の恋人たちのアクセサリー」

マルディン県ダルゲチト郡ウルス・ダム救助発掘の内容で、ボンジュクル・タルラ居住区の紀元前8200年頃のとある墳墓から、当時の恋人たちのアクセサリーが発見された。1人が男性、1人が女性の2人の成人が身につけていたネックレスの飾りやビーズは、マルディン博物館のボンジュクル・タルラ部のショーケースに展示されている。

 

(2018年8月10日)



注目ニュース