イスラエルの「ユダヤ国民国家法」は、普遍法の原則とパレスチナ人の権利を無視したものである

トルコは、イスラエルの議会が今日(7月19日)承認した「ユダヤ国民国家法」に反対する。

イスラエルの「ユダヤ国民国家法」は、普遍法の原則とパレスチナ人の権利を無視したものである

 

 

 

トルコ共和国外務省は、イスラエルの議会が承認した「ユダヤ国民国家法」について声明文を発表し、「『ユダヤ国民国家法』は、普遍法の原則を踏みにじるものであり、パレスチナ人の権利を無視したものである」と表明した。

「ユダヤ国民国家法」の中で、イスラエルが占領しているクドゥスを首都であると定めていることは、国際社会の立場からは「無効」である表明された声明文で、「国連決議により非合法とされた入植地がこの法律で奨励されたことは決して認めることができない。この法律で自決をユダヤ人だけの権利であると定義されたことは、時代遅れかつ差別的な精神の産物である。イスラエル政府がパレスチナで続けている占領および非合法な行為を覆い隠し、二国家解決の構想を根本から排除することを目的としたこの法律は、国際社会によっても、必要な反発が行われなければならない」と明記された。

 

 

 

(2018年7月19日木曜日)

 

 

 



注目ニュース