【ラマザン2018】 メルジャン大使夫妻、日本の河野外相主催のイフタルに出席

ラマザン(断食月)28日目の6月12日、トルコ共和国駐日特命全権大使のハサン・ムラット・メルジャン大使と妻のインジ夫人が、日本の河野太郎外務大臣主催のイフタルの会(断食明けの食事会)に出席した。

【ラマザン2018】 メルジャン大使夫妻、日本の河野外相主催のイフタルに出席

TRT日本語ラジオ放送2018 年6月14日(木)

 

 

 

駐日トルコ共和国大使館は、FacebookTwitterからイフタルの会(断食明けの食事会)の写真を公開した。写真には、メルジャン大使が河野外務大臣と親しく和やかに談笑する姿も写されている。
 

河野外務大臣も自身がスピーチをしている写真をTwitterから投稿した。

 

 

日本の外務省によると、イフタルの会(断食明けの食事会)は小泉純一郎(こいずみ じゅんいちろう)首相(当時)の主催により、2005年に総理官邸で初めて行われた。それ以来毎年、首相または外務大臣の主催により開催されている。

 

今回は、アゼルバイジャン、キルギス、ウズベキスタン、トルクメニスタンをはじめ、39の国・地域の代表が出席した。

 

 

 

(2018年6月14日 文責: 浅野涼子)

 

 

 



注目ニュース