チャウショール外相、パレスチナに関して精力的に電話外交

メヴリュト・チャウショール外務大臣は、在イスラエル・アメリカ大使館の(一部の国や地域では「エルサレム」と呼ばれている)クドゥスへの移転やガザ国境で発生した事件に関して意見交換を行うため、各国外相と電話会談を続けている。

チャウショール外相、パレスチナに関して精力的に電話外交

 

チャウショール外務大臣は進展に関して最後にカザフスタンのカイラト・アブドラフマノフ外務大臣、クウェートのシェイク・サバーハ・ハーリド・アル・ハマド・アッ・サバーハ外務大臣、ブルネイのリム・ジョク・セン外務大臣兼第2通商大臣、マリのチエマン・ユベール・クリバリ外務大臣兼国際協力大臣、ウズベキスタンのアブドゥルアジズ・カミーロフ外務大臣、リビア国民合意政府のムハンマド・アル・ターヘル・シヤーラ外務大臣、キルギスのエルラン・アブディルダエフ外務大臣、モーリタニアのイセルク・ウルド・アフマド・イジードビヒ外務大臣、イラクのイブラーヒーム・アル・ジャアファリー外務大臣、チャドのマハマット・ゼン・チェリフ外務大臣と個別に電話で会談した。

アメリカのドナルド・トランプ大統領が以前下した決断に沿って在イスラエル・アメリカ大使館を5月14日に正式にクドゥスに移転したことは、地域に憤慨を招いた。

イスラエル軍は、アメリカが在イスラエル・アメリカ大使館がクドゥスに開所されたことに抗議する目的で包囲下にあるガザ国境で行われたデモに参加したパレスチナ人62人を殉国させ、3000人以上のパレスチナ人を負傷させた。

イスラエルのパレスチナ人に対する攻撃に厳しい反発を示したトルコは、殉国したパレスチナ人のために喪に服すことを決定している。

 

(2018年5月16日)



注目ニュース