医薬品の輸出が増加

トルコの医薬品の輸出は、5年間で16.1パーセント増加して昨年時点で8億7530万ドル(約956億円)に達した。

医薬品の輸出が増加

 

戦略部門として特徴付けられている製薬業界における投資とこの方向でのインセンティブに近年焦点が当てられる中、トルコの医薬品の輸出は勢いを増した。

トルコはこの間に、プロビタミンおよびビタミン、ホルモン、抗生物資、血液、血清、ワクチン、内服薬、ガーゼおよび殺菌製品などを含む医薬品を5大陸に輸出した。

医薬品の輸出から過去5年間で得られた総収益は41億ドル(約4480億円)となった。

トルコの医薬品の輸出は、5年間で16.1パーセント増加して昨年時点で8億7530万ドルと記録された。当該の製品で昨年(2017年)最も多く輸出が行われた国は、1億3640万ドル(約149億円)で韓国となった。6460万ドル(約71億円)でイラク、5530万ドル(約60億円)でスイス、3050万ドル(約33億円)で北キプロス・トルコ共和国(KKTC)が韓国に続いた。

 

(2018年5月13日)



注目ニュース