【TRT4月23日国際こどもまつり】 TRT会長と子どもたち、アタチュルク廟を訪問

TRT(トルコ・ラジオ・テレビ協会)は毎年「TRT4月23日国際こどもまつり」を開催し、トルコ建国の父アタチュルクが世界の子どもたちに贈った「4月23日国民主権と子どもの日」を祝っている。

【TRT4月23日国際こどもまつり】 TRT会長と子どもたち、アタチュルク廟を訪問

 

 

 

今年(2018年)40回目となった「TRT4月23日国際こどもまつり」に、世界40か国から800人の子どもたちが参加している。

TRTは40年のも間毎年、愛情あふれる世界の子どもたちを一堂に集めている。

4月23日に行われるお祭りのために4月21日にアンカラに来た子どもたちが最初に訪れたのは、TRTだった。

TRT会長イブラヒム・エレンは、「世界から集まった子どもたちは、『TRT4月23日国際こどもまつり』のおかげで、トルコに家族がいる。皆さんはこれから、自発的な平和と文化の大使だ。共に友情の手をつなぎ、その手を離さないでほしい。そして、世界の平和のために、ここに灯された友情の炎を決して消さないでほしい」と子どもたちに話した。

民族衣装に身をまとい、それぞれの文化を紹介した800人の子どもたちにプレゼントが贈られた。その後、食事をした。

 

 

今日(4月22日)、TRT会長のエレンと子どもたちは、首都アンカラにあるアタチュルク廟を訪れた。

TRT会長エレンは、アタチュルク廟特別芳名録に記帳した。

 

世界から集まった子どもたちは明日(4月23日)、トルコ共和国大統領府総合施設で行われる4月23日のお祭りに参加し、世界に向けて、平和・自由・兄弟愛・友好のメッセージを送る。

4月23日のお祭りの司会は、勇敢なトルコの下士官スレイマン・ディルビルリーと小さな女の子アイラの愛と思慕の念にあふれた65年間の物語を描いた映画「アイラ」で小さな女の子アイラを演じ、人々の心に刻まれた子役スター、キム・ソルさんが務める。

 

 

 

(2018年4月22日日曜日)

 

 

 



注目ニュース