【シリア・アフリン オリーブの枝作戦】 エルドアン大統領 「アフリン地域は完全に掌握された」

レジェプ・ターイプ・エルドアン大統領は、シリアのアフリン地域の中心部が、トルコ軍と自由シリア軍により完全に掌握されたと宣言した。

【シリア・アフリン オリーブの枝作戦】 エルドアン大統領 「アフリン地域は完全に掌握された」

 

エルドアン大統領は、103回目を迎えた「3月18日チャナッカレ戦争勝利記念日および戦死者追悼の日」に催された式典で行った演説で、アフリン地域の中心部が8時30分に完全に掌握されたことを宣言した。

アフリン地域の中心部にはもはやテロ組織のぼろ切れではなく、平穏と安定のシンボルがはためいていると表明したエルドアン大統領は、

「今そこにトルコの旗がはためき、自由シリア軍の旗がはためいている。英雄、我らがトルコ兵に感謝する。自由シリア軍のメンバーに、個人として、そして国民を代表して感謝する」と述べた。

エルドアン大統領は、「現在、我が国や他の地域で暮らしているアフリン地域の住民がすぐにでも家に戻れるよう、必要なありとあらゆることをする」と述べた。

 

テロ回廊の鎖は今のところ4つの輪が壊されたことを表明したエルドアン大統領は、残りの輪もすぐにひとつひとつ壊されていくと述べた。

エルドアン大統領は、「チャナッカレで起きたことと同じことが今、我が国の国境で起きたのだ。58日目に入った作戦で、アフリン地域を完全に掌握した。この戦いでの最も大きな勇気の源は、チャナッカレ戦争での勝利である。まばゆい鎧兜により世界中から集めてきた兵士と共に早めの勝利を祝った者らをチャナッカレで打ち負かした。我々は、我が国の国境沿いにテロ回廊を構築したと考える者らもチャナッカレと同じように愕然とさせたのである」と述べた。

 

 

 

(2018年3月18日日曜日)

 

 

 



注目ニュース