ユルドゥルム首相 「トルコとアメリカとの関係は人に依存しない」

ビナリ・ユルドゥルム首相は、レックス・ティラーソン氏が昨日(3月13日)アメリカ国務省の長官職を解任されたことについて、 「トルコとアメリカとの関係は人に依存するものではない」 と発言した。

ユルドゥルム首相 「トルコとアメリカとの関係は人に依存しない」

 

 

 

ビナリ・ユルドゥルム首相は、アゼルバイジャンの首都バクーに出発する前、アンカラのエセンボア空港で記者会見を開いた。

ティラーソン氏が解任されたことについて質問されたユルドゥルム首相は、

「トルコとアメリカとの関係は、人に依存するものでではない」

と述べた。

誰が任務に就こうが、トルコの姿勢は明白だと表明したユルドゥルム首相は、

「新たに就任したアメリカ国務省長官がトルコについて何を考えているかは我々にとってそれほど重要ではない。願うのは、今後さらに健全な関係が発展していく、ということだ」

と述べた。

 

 

 

(2018年3月14日水曜日)

 

 

 



注目ニュース