テスラモーターズ、トルコへ参入を計画

電気自動車企業のテスラモーターズが開拓する新境地はトルコとなる。

テスラモーターズ、トルコへ参入を計画

 

今年(2018年)イスタンブールでまずサービスステーションを設立する同社は、そのあと店舗を開く予定である。

ワタン紙に掲載された報道によると、イーロン・マスク氏がCEOを務めるテスラモーターズが、モデルSとモデルXに比べてさらに手頃な価格のモデル3と共にトルコに参入することを計画していると伝えられた。

ゲルサン電気商業産業株式会社と交わされた急速充電スタンドに関する協定が、テスラモーターズがトルコに参入するという最初の合図であるとされた報道で、トルコには現在150台以上のテスラ車があると記された。

サービスステーションがないことが大きな問題となっており、事故があった場合には修理のため車両が欧州に運ばれており、また保険でも困難が生じているとの情報も報道で伝えられた。

 

(2018年2月12日)



注目ニュース