ボズダー副首相 「トルコ国境におけるテロ回廊構築を容認しない」

ベキル・ボズダー副首相が、「トルコ国境におけるテロ回廊構築を容認しない」と述べた。

ボズダー副首相 「トルコ国境におけるテロ回廊構築を容認しない」

ボズダー副首相は、とある新聞社に発表を行い、

「作戦が短期間で終了するよう望む人々に我々を支援してほしい。」と語った。

ボズダー副首相は、

「マンビジからテロリストが一掃されなければ、テロリストらをそこから撤退させなければ、またはテロリストらが自分で撤退しなければ、我々はマンビジにも進軍し、同地からテロリストを一掃する。」と述べた。

ボズダー副首相は、トルコ軍がシリアのアフリン地域で続行している「オリーブの枝作戦」をめぐって行われようとしているブラック・プロパガンダに反発を示した。

ボズダー副首相は、

「『オリーブの枝作戦』では、民間人1人の鼻すら傷つけられてはいない。民間人に配慮する者が、死者の中にトルコ国民やトルコに暮らす人々がいるときは同じ配慮を示さないのを我々は目にしている。トルコ軍が民間人を傷つけたことは一切ない。そんなことは今後もない。」と語った。

 

(2018年2月3日)



注目ニュース