【アフリーン作戦】 トルコ軍、アフリーンで航空作戦開始

トルコ軍が、アフリーンで航空作戦を開始した。

【アフリーン作戦】 トルコ軍、アフリーンで航空作戦開始

ビナリ・ユルドゥルム首相は、公正発展党(AKP)の第6回ビレジク定例会議で演説した。

ユルドゥルム首相は演説で、シリアのアフリーン地域に潜伏する分離主義テロ組織PKKとPYDに対し開始された作戦について触れた。

ユルドゥルム首相は、「今、勇敢なトルコ軍は、アフリーンでテロ組織PKK、PYD、DEASH(ISIL)のメンバーを一掃するために、航空作戦を開始した。」と語った。

ユルドゥルム首相は、「トルコに対し敵意を抱く者や我々の結束を壊そうとする者らは、最も重い罰を受けることになる。このことは全世界が知っておくべきだ。我々は誰の敵でもない。我々には誰とも問題がない。我々はこの地に平和が満たされるようにと願っているのだ。」と話した。

参謀本部から行われた発表では、アフリーン作戦は、「オリーブの枝作戦」という名称により、今日17:00に始まったことが伝えられた。

発表では、「この作戦は、トルコの国際法にもとづく権利、そして国連のテロとの戦いに向けた、特に第1624 条(2005年)、2170条 (2014年)、  2178条 (2014年)の決議、また国連憲章第51条に定められた正当防衛の権利の枠内で、シリアの領土保全を重視しつつ実施されている。作戦の計画と実行においては、テロリストとその隠れ家、基地、武器、車両のみを標的にしており、民間人や無実の人々に被害が及ばないよう、あらゆる面で敏感に注意を払っている。」と伝えられた。

 

(2018年1月20日)



注目ニュース