エルドアン大統領が公正発展党ビンギョル県会議で演説

レジェプ・ターイプ・エルドアン大統領が、公正発展党(AKP)の第6回ビンギョル県会議で演説をした。

エルドアン大統領が公正発展党ビンギョル県会議で演説

 

 

 

国の大きな問題となっているテロ組織フェト(フェトフッラー派テロ組織・パラレル国家構造)との戦いについて、エルドアン大統領は、

「いかなる勢力もトルコを分離、分裂させることはできない。(2016年)7月15日に、この国民を脅かすことはできなかった」

と述べた。

演説で、虐げられている人々も守っていることを説明したエルドアン大統領は、(一部の国や地域では「エルサレム」と呼ばれている)クドゥスについて触れ、

「クドゥスを守った。国連総会でどうなったか。世界は我々の側についた。平和と安定をもたらすために、世界を立ち上がらせようと言った。ありとあらゆる力を総動員した」

と述べた。

トルコは、国家の安全を左右するすべての問題に深くかかわっていくことを表明したエルドアン大統領は、

「我が治安組織は、我が国の団結と平和を脅かすあらゆる悪の焦点の欲望を封じ込め続けていく」

と述べた。

 

 

 

(2018年1月13日土曜日)

 

 

 



注目ニュース