エルドアン大統領、ベネズエラのマドゥロ大統領と共同記者会見

レジェプ・ターイプ・エルドアン大統領は、トルコは一切分け隔てすることなく、ラテンアメリカの友好国すべてが平和、平穏、幸福の中で暮らすことを願っており、他国の介入にも賛成していないと発言した。

エルドアン大統領、ベネズエラのマドゥロ大統領と共同記者会見

 

エルドアン大統領は、アンカラを訪問中のベネズエラのニコラス・マドゥロ大統領と共同記者会見を開いた。

エルドアン大統領は、「我々は一切分け隔てすることなく、ラテンアメリカの友好国すべてが平和、平穏、幸福の中で暮らすことを願っており、他国の介入にも賛成していない」と述べた。

ラテンアメリカ諸国の内政に干渉する諸国を批判したエルドアン大統領は、

「他国の介入に賛成していない。このことは特にトルコの外交および国際政治の真理であるということも明らかにすることが有益であると考えている」と述べた。

国民の意思に勝る力はないと信じていると強調したエルドアン大統領は、

「他国の介入はほとんどの場合、問題をさらに深刻化させると考えている。我々が望むのは、ベネズエラで最近発生している問題が容易に、特に対話と調停によって解決されることである」と話した。

 

(2017年10月6日)



注目ニュース