ソイル内相 「テロ組織PKKはトルコへ侵入する方法を模索」

スレイマン・ソイル内務大臣は、分離主義テロ組織PKKがトルコに侵入するための方法を模索し始めたと語った。

ソイル内相 「テロ組織PKKはトルコへ侵入する方法を模索」

 

ソイル大臣は、ムーラ県キョイジェイズ区で治安部隊とテロ組織PKKメンバーのテロリスト間で発生した戦闘に関し、

「テロ組織は、最後の方法としてイラク北部やイランやアフリーンから侵入したあと、別の方法を模索し始めた。組織の上層部の指示を受けて組織メンバーは、シリアの港湾都市ラタキアから地中海やエーゲ海沖にやって来て、ここからムーラ、フェティエ、キョイジェイズといったリゾート地に侵入しようとしている」と述べた。

トルコ大国民議会(TBMM)内務委員会会議に出席したソイル大臣は、キョイジェイズで治安部隊が行った作戦に関し、

「テロ組織のこの新たなルートを阻止するために全治安部隊が取り組んでいる。テロ組織を阻止するたびにまた新たな脅威として目の前に現れている」と話した。

 

(2017年10月5日)



注目ニュース