シヴァスとチャンクルで不法移民が捕らえられる

シヴァス県とチャンクル県で、不法移民の外国人258人が捕らえられた。

シヴァスとチャンクルで不法移民が捕らえられる

 

トルコへ不法ルートで入国したとされる移民は、アール県からイスタンブール県へ向かうためバスに乗せられたことが判明した。

シヴァス県に入ったバスは、シヴァス・トカト国道のスシェフリ区付近にある検問所で止められた。

バスを調べた警察隊は、車内に不法ルートでトルコに入国したとされる外国人139人がいるのを確認した。

アール県からイスタンブール県に向かうため出発したことが判明したアフガニスタン人とパキスタン人の移民は、検問所でしばらく待たされた。

区警察総局に移送された不法移民たちは、警察隊から食事、水、アイラン(ヨーグルトジュース)などを受け取った。

バスの運転手が身柄を拘束される一方、不法移民たちはシヴァス移民管理総局へ引き渡された。

またチャンクル県でも、クルシュンル区アールオズ付近で行われていた検問の際に、軍警察隊が車両とバスをそれぞれ1台ずつ停止させた。

バスを調べると、女性や子供を含む不法移民119人が確認された。

アール県からイスタンブール県へ向かおうとしていたとされるアフガニスタン、パキスタン、シリア出身の不法移民は、国外退去手続きのため県移民管理総局に移送された。

 

(2017年10月6日)



注目ニュース