大統領府のカルン報道官、時事問題に関する見解

大統領府のイブラヒム・カルン報道官は、分離主義テロ組織PKKのシリアにおける派生組織YPGが支配するアフリーンに行われるかもしれない作戦に関し、

大統領府のカルン報道官、時事問題に関する見解

 

「トルコは、自国の安全のため必要だと思われる場所で、および時間に介入を行う」と述べた。

カルン報道官は、TRTニュースで時事問題に関して見解を述べた。

カルン報道官は、アフリーンに行われるかもしれない作戦に対しては、「トルコは、自国の安全のため必要だと思われる場所で、および時間に介入を行う」と述べた。

在イスタンブール・アメリカ総領事館に勤務するトルコ人職員が「スパイ」容疑で逮捕されたことにも触れたカルン報道官は、

「各国は国際関係において自国の利益を尊重する」と述べた。

在イスタンブール・アメリカ総領事館の職員メティン・トプズは、「憲法秩序を排除しようとする企て」、「国家安全保障または内政・外政上の利益の観点からその性質上、機密保持されるべき情報を政治的または軍事的スパイ活動を目的として取得」、「トルコ共和国政府を転覆しようとする企て」などの容疑で逮捕されている。

 

(2017年10月5日)



注目ニュース