エルドアン大統領、3年間で86回の外国訪問

レジェプ・ターイプ・エルドアン大統領は、3年間で86回外国訪問を行った。

エルドアン大統領、3年間で86回の外国訪問

 

エルドアン大統領は、2014年8月28日から2017年8月10日までの間に最も多く欧州を訪問した。

エルドアン大統領は、欧州諸国16か国を21回訪問し、会談を行った。

エルドアン大統領はこの時期に、イギリス、ラトビア、エストニア、ウクライナ、スロベニア、スロバキア、ルーマニア、アルバニア、クロアチア、ポーランド、ベラルーシ、ボスニア・ヘルツェゴビナを1回ずつ、ドイツを2回、フランスとベルギーは3回ずつ訪問した。

2014年に1回、2016年に3回、2017年に1回アメリカを訪問したエルドアン大統領は、アメリカ大陸ではコロンビア、キューバ、メキシコ、チリ、ペルー、エクアドルを訪問した。

公式訪問の一環として3年間に4回ロシア、3回中国を訪問したエルドアン大統領は、2015年にイランを訪問した。

またエルドアン大統領は、欧州のほか中東諸国にも数多くの訪問を行った。サウジアラビアを5回訪問したエルドアン大統領は、カタールとクウェートを3回ずつ、バーレーンとヨルダンを1回ずつ訪問した。

エルドアン大統領は、アフリカではアルジェリア、エチオピア、ジブチ、ソマリア、セネガル、コートジボワール、ガーナ、ナイジェリア、ギニア、ウガンダ、ケニア、タンザニア、モザンビーク、マダガスカル、赤道ギニアを訪問した。

北キプロス・トルコ共和国(KKTC)とアゼルバイジャンを3回ずつ訪問したエルドアン大統領は、アフガニスタン、カザフスタン、ウズベキスタン、インドネシア、日本、インドを1回ずつ、トルクメニスタンを2回、パキスタンを3回訪問した。

エルドアン大統領は、2014年に12か国を12回、2015年に28か国を33回、2016年に20か国を22回、2017年に15か国を19回訪問し、合計86回の外国訪問を行った。

さらにエルドアン大統領は、当該期に国内訪問にも重点を置いた。

エルドアン大統領は、アンタルヤ、リゼ、カイセリ、ガジアンテプ、トラブゾン、コジャエリ、コンヤ、バルケシル、ブルサ、チャナッカレ、イズミル、マラティヤ、マルディン、シャンルウルファなどを含む県を1回以上訪問した。

エルドアン大統領は、65都市を合計147回訪問した。

 

(2017年8月24日)



注目ニュース