80か国の食卓にトルコのオリーブ

80か国の食卓にトルコのオリーブが味を添えている。

80か国の食卓にトルコのオリーブ

トルコのオリーブの輸出は、シーズン8か月でおよそ3万3000トンに達し、80か国に輸出され、国外での販売により1億2460万ドル(約139億円)の収益がもたらされた。

トルコのオリーブを最も多く購入したのは、1万2293トンでスペイン、8692トンでアメリカとなった。

オリーブの合計輸出量のおよそ64パーセントがこの2か国に行われた。

シーズン8か月でおよそ3万3000トンのオリーブが輸出されたと強調したエーゲ海オリーブ・オリーブオイル輸出連合(EZZIB)のダヴト・エル取締役会会長は、

「昨シーズンは6500トンの輸出で終了した同部門は、今シーズンは輸出量を405パーセント上げて、3万2842トンの輸出を達成した。」と発表した。

トルコにおける価格が今シーズンに世界の価格に適した価格になったこともあって、輸出の道が開かれたと述べたエル会長は、農家もこの輸出の状況に満足しており、好調なスピードを捉えたと発表した。

                                            

(2017年7月19日)


キーワード: 輸出 , オリーブ , トルコ

注目ニュース