カフラマンTBMM議長「トルコ・セルビアの友好関係は世界平和に大きく貢献」

トルコ大国民議会(TBMM)のイスマイル・カフラマン議長は、トルコ・セルビアの友好関係は世界の平和に大きく貢献するだろうと述べた。

カフラマンTBMM議長「トルコ・セルビアの友好関係は世界平和に大きく貢献」

カフラマン議長は、トルコ帰国前に、セルビア大統領に選出されたアレクサンダル・ブチッチ氏と会談した。

カフラマン議長は、トルコ帰国前に行った発表で、セルビア訪問は有意義なものとなったと述べた。

カフラマン議長は、ブチッチ氏がセルビア大統領に選出されたことを受けて、昨日6月23日にセルビア宮殿で行われた式典に参加したと述べた。

ブチッチ大統領はトルコ・セルビアの友好関係を支持する人物だと指摘したカフラマン議長は、

「セルビアは、地域の強力なキーとなる国家だ。トルコ・セルビアの連帯と友好は、地域と世界にも大きく貢献するだろう。私は昨日式典に参加した。今日(6月24日)はとても有益な二者会談を行った。ブチッチ大統領と一行は石油会議のためにトルコを訪問する予定だ。レジェプ・ターイプ・エルドアン大統領も、向こう数か月以内にセルビアを訪問する予定だ。」と語った。

 

(2017年6月24日)



注目ニュース