長年完成が待たれていたセネガルの新空港をトルコ企業が完成

セネガルの首都ダカールで2008年からこれまで一向に完成されなかった新空港をトルコ企業が8か月で引渡した。

dakar havaalani.jpg
dakar havaalani, tamamlandi.jpg

 

トルコ企業スンマ社とリマク社は、ダカールで何年間も完成が待たれていたブレーズ・ジャーニュ空港の建設を終え、25年間の運営でもパートナーとなった。

西アフリカの通過ポイントであるダカールの新都市化プロジェクトの一環として、都市から40キロメートルの地点に建設された空港が初めてアナドル通信社のチームによって撮影された。

空港を案内してプロジェクトに関する情報を伝えたスンマ・リマク合名会社のセリム・エルカル・プロジェクト部長は、スンマ社は4年前にセネガルで2014年フランコフォニー・サミットが開催された会議場の建設によって同国、さらには西アフリカ全体で名声を得、それ以降さまざまなプロジェクトにかかわっていると語った。

 

(2017年6月22日)



注目ニュース