【7/15クーデター未遂】 エルドアン大統領 「国民に対する裏切りの行為の代償は非常に重い」

レジェプ・ターイプ・エルドアン大統領は、7月15日夜に突然発生したクーデター未遂に関し、「現在行われている行為は裏切りの行為であり、反乱の行為である。」と述べた。

【7/15クーデター未遂】 エルドアン大統領 「国民に対する裏切りの行為の代償は非常に重い」


エルドアン大統領は、7月16日未明に、イスタンブールのアタチュルク国際空港で記者会見を行い、「現在現在行われている行為は裏切りの行為であり、反乱の行為である。そして、この国民への裏切りの行為の代償はもちろん非常に重い。これを事前に話しておく。」と述べた。

 

 

(2016年7月16日)



注目ニュース