アイドゥン

世界的に有名な都市であるクシャダスとディディムがあるアイドゥンには、毎年たくさんの観光客が訪問する。

アイドゥン

 7000年以上の歴史を持ち、昔はトラレス、ギュゼル・ヒサールとして名を知らしめた、古代文明が栄えた町、アイドゥン。
 有名な歴史家ヘレドットはアイドゥンを「地上でいちばん美しい空の下にあり、最もすごし気候である。」と紹介し、有名な旅行者のエブリア・チェレビはアイドゥンのことを「山々からはオイルが、平原からははちみつが流れて出ている。」と描写した。
 古代では文明の中心だったが、ヒッタイト帝国時代にはさらに大きな発展を遂げた。セルジューク帝国の保護下となってからはテュルク系民族の文明が入ってきた。1923年にトルコ共和国になってからは県の一つとなった。
 トルコの西側に位置し、メンデレス川のほとりにあるこの肥沃な都市は、地中海気候で、夏は暑く乾燥し、冬は比較的に温暖である。そして高山があるために二つの植物群落、低木地帯と森林が存在する。 

 今年はあなたもぜひ、おこしください。

 


キーワード:

注目ニュース