ヘリスキーヤーがカチカル山脈に満足

ヘリスキーのトルコの中心地となったリゼ県カチカル山脈では、地元の雪の質、ゲレンデの長さ、提供されているサービスがスキー愛好家を満足させている。

ヘリスキーヤーがカチカル山脈に満足

 

スキーヤーがヘリコプターで山頂に登って険しい斜面や急勾配の場所から滑るスポーツであるヘリスキーは、世界でも限られた場所で行われている。トルコではこのスポーツは2003年以降、カチカル山脈のリゼ県境にあるチャムルヘムシンとアルトヴィン県ユスフエリ区で行われている。

スキーヤーたちはアイデル高原から早朝ヘリコプターに乗せられて山頂に運ばれる。終日スキーをしたあと、夕方再びヘリコプターで宿泊先に戻るスキーヤーたちは、1週間後別のグループにその場を譲る。

2019年の活動を約1週間前に開始したスキーヤーやドキュメンタリー撮影家たちは、満足してトルコを去っている。

 

(2019年1月29日)



注目ニュース