【ラフティング】 ムーラでラフティング選手権が開催、海外からも参加

ムーラ県ダラマン区で開催されたR4(4人制)ラフティング・トルコ選手権の第1戦が始まった。

【ラフティング】 ムーラでラフティング選手権が開催、海外からも参加

 

ダラマン川で始まったレースには、男女51チームから350選手が参加した。

レースにはトルコのほか、ジョージア、ブルガリア、ボスニア・ヘルツェゴビナ、イタリア、イラン、カザフスタン、モンゴル、ロシア、セルビア、ウクライナから参加があった。

トルコ新興スポーツ部門連盟副会長兼世界ラフティング連盟副会長のフィクレト・ヤルドゥムジュ氏は発言で、催しは最良の形で行われていると語った。

トルコのスポーツ観光と言えばまず最初に頭に浮かぶ場所の1つにダラマン区も来ると伝えたヤルドゥムジュ氏は、「したがって今年(2018年)はレースをここで開催したが、多くの参加が得られた。アマチュアの選手もプロの選手も満足させるダラマン川は非常に重要なイベントに貢献している」と述べた。

レースは4月8日日曜日に閉幕する。

 

(2018年4月6日)



注目ニュース