【2018平昌五輪】 ジャンプ男子個人ノーマルヒル予選  トルコが初出場

第23回オリンピック冬季競技ピョンチャン(平昌)大会(以下「ピョンチャンオリンピック」)で、ノルディックスキー・ジャンプ男子の個人ノーマルヒルの予選が行われ、トルコ代表のファーティヒ・アルダ・イプチオール選手が出場した。

【2018平昌五輪】 ジャンプ男子個人ノーマルヒル予選  トルコが初出場

 

 

 

この種目でオリンピックに出場した初のトルコ代表選手となった20歳のファーティヒ・アルダ・イプチオール選手は、79メートル飛び、68.2点を獲得した。

決勝には進めなかったものの、この種目でオリンピックに出場した初のトルコ代表選手として歴史に名を残した。

 

予選では、103メートルを飛んだドイツのアンドレアス・ウェリンガー選手が133.5点でトップとなった。104メートルを飛んだポーランドのカミル・ストッフ選手が131.7点で予選2位となった。予選3位もポーランドの選手で、104.5メートルを飛んだダビド・クバツキ選手が129.6点で予選3位となった。

 

50人が勝負するノルディックスキー・ジャンプ男子の個人ノーマルヒル決勝は、2月10日土曜日に行われる。

 

 

 

(2018年2月9日金曜日)

 

 

 



注目ニュース