強者ぞろいの車椅子バスケットボール大会明日開幕 トルコと日本が対決

トルコをはじめ世界トップクラスのチームが集合する車椅子バスケットボールの世界大会、「三菱電機 WORLD CHALLENGE CUP 2017」(WCC)が、明日、日本の東京で開幕する。

強者ぞろいの車椅子バスケットボール大会明日開幕 トルコと日本が対決

 

 

 

「三菱電機 WORLD CHALLENGE CUP 2017」(WCC)は、2020年の東京パラリンピックに向けて士気を高めたい日本が、車椅子バスケットボールで世界の頂点に立つトルコ、オーストラリア、イギリスを招待し、8月31日から9月2日までの3日間の日程で東京で開催される。

トルコは2017年のヨーロッパ選手権のチャンピオン、オーストラリアは2014年世界選手権のチャンピオン、イギリスはリオデジャネイロパラリンピックで銅メダルを獲得しており、どの参加国もかなりの強豪であることから、すばらしい熱戦が期待される。

 

 

試合の日程は以下の通り。

(時間はいずれも日本時間)

8月31日木曜日

16:30〜18:00       イギリス対トルコ

19:30〜21:00       日本対オーストラリア

 

9月1日金曜日

10:00〜11:30       オーストラリア対イギリス

12:05〜13:35       日本対トルコ

17:30〜19:00       トルコ対オーストラリア

19:35〜21:05       イギリス対日本

 

9月2日土曜日

10:30〜12:00       順位決定戦(1)

14:10〜15:40       順位決定戦(2)

 

 

開会式は8月31日18時30分(日本時間)、表彰式は9月2日16時(日本時間)から始まる予定である。

 

チケットはスタンド席以外は有料で、800円から1500円の間で購入可能である。

車椅子の観客も同じ料金だが、介助者は1人に限り無料で入場できる。

また、9月2日のオーストラリア対イギリス戦と日本対トルコ戦は無料となっている。

試合やイベントはすべて、東京都渋谷区千駄ヶ谷にある東京体育館で行われる。

 

 

日本代表の強化プロジェクトの一環として開催される「三菱電機 WORLD CHALLENGE CUP 2017」(WCC)は、一般社団法人日本車いすバスケットボール連盟と公益財団法人日本障がい者スポーツ協会の主催、三菱電機株式会社、日本生命保険相互会社、サントリーホールディングス株式会社、トヨタ自動車株式会社の協賛、公益財団法人日本バスケットボール協会の後援、株式会社ミクニライフ&オート、一般社団法人東京都バスケットボール協会の協力により行われる。

 

 

(2017年8月30日 文責: 浅野涼子)

 

 

 



注目ニュース