【2017サムスン・デフリンピック】 バレーボール 男子はトルコ、女子は日本が金 共に3対0で相手を制す

黒海沿岸の都市、トルコのサムスンで開催中の第23回夏季デフリンピック競技大会(2017サムスン・デフリンピック)の11日目(7月28日)、男女バレーの決勝が行われ、男子はトルコ、女子は日本が金メダルに輝いた。

【2017サムスン・デフリンピック】 バレーボール 男子はトルコ、女子は日本が金 共に3対0で相手を制す

 

 

 

男子は、トルコ時間の7月28日17時(日本時間の7月28日23時)に行われた決勝で、ウクライナと対戦したトルコは、25対22、25対21、25対23と1セットも取らせることなく、3対0で優勝を手にした。

トルコに負けたウクライナが銀メダル、銅メダル決定戦で3対1でイランに勝ったロシアが銅メダルを手にした。

 

 

女子は、トルコ時間7月28日15時(日本時間の7月28日21時)に行われた決勝戦でイタリアと対戦した「女子バレー王国」日本が3対0で勝利し、金メダルを獲得した。銅メダルは、銅メダル決定戦でウクライナに3対0で勝ったアメリカが獲得した。

 

アンカラにある在トルコ日本国大使館は、この優勝をいち早くFacebookの公式ページで伝え、金メダルの喜びをソーシャルメディアを通じて日本国民たちと味わった。

 

 

 

(2017年7月30日 文責: 浅野涼子)

 

 

 

★ ☆ ★ ☆ 2017サムスン・デフリンピック ☆ ★☆ ★

↓ まとめ記事はこちらから ↓

 

 

 

 

 

 



注目ニュース