【2017サムスン・デフリンピック】 柔道形競技でトルコ初の金

トルコで初開催の第23回夏季デフリンピック競技大会(2017サムスン・デフリンピック)の3日目(7月20日)、トルコ初のメダルが柔道の形競技から出た。

【2017サムスン・デフリンピック】 柔道形競技でトルコ初の金

 

 


トルコ時間の7月20日の9時(日本時間の7月20日の15時)にアタチュルク・スポーツサロンで行われた形競技で、トルコのエルカン・エセンボア選手とアブドゥルラー・セヴィンチ選手のペアが、韓国とウクライナを押さえ、1位に輝き、金メダルを獲得した。

 

 

この金メダルは、2017サムスン・デフリンピックにおいてトルコが獲得した初のメダル、しかも初の金メダルとなった。

 

2つ目の金メダルも柔道から来た。

形競技の後に行われた、柔道男子60キロ級に出場したエルカン・エセンボア選手は、アルメニアのロベルト・ゲヴォルギャン選手に対し、4分で1本勝ちし、優勝を手にした。

これにより、エセンボア選手は2つの金メダルを手にすることとなった。

 

 

男子ハンドボールも幸先良いスタート

 

男子ハンドボールのグループA第1試合がチャルシャンバ・スポーツサロンで行われ、トルコとブラジルが対戦した。35対16で、トルコが白星スタートを切った。

トルコ男子ハンドボールの次なる相手はセルビアで、トルコ時間の7月22日14時(日本時間の7月22日20時)に対戦する。

 

 

 

(2017年7月21日 文責:浅野 涼子)

 

 

 

★ ☆ ★ ☆ 2017サムスン・デフリンピック 関連記事 ☆ ★☆ ★

 

 

日本の岡大使、サムスンで開催予定の「第23回デフリンピック」にエール

 

 

 

 

 

【2017サムスン・デフリンピック】 「頑張れ、ニッポン!」 トルコのメリチ大使が日本選手団にエールを送る

 

 

 

 

 

【2017サムスン・デフリンピック】 史上最大のデフリンピック、いよいよ今日開幕

 

 

 

 

 

【2017サムスン・デフリンピック】 開会まであと3時間! 開会式情報

 

 
 
 


注目ニュース