ベネズエラが軍事演習を開始

ベネズエラ軍は、アメリカや周辺国と緊張を抱えるこの時期に5日間続く軍事演習を開始した。

maduro tatbikat2.jpg
maduro tatbikat1.jpg

 

演習は、南米でスペイン政権に対する独立運動を導いたシモン・ボリバルのアンゴスチュラの演説の200年目と同じ日に行われた。

演習にちなんでミランダ州にあるガイカイプロ軍事基地で行われた軍事式典には、ニコラス・マドゥロ大統領やウラジミール・パドリーノ・ロペス国防大臣のほか、陸軍および空軍部隊の司令官も出席した。

ここで兵士たちに呼びかけたマドゥロ大統領は、シモン・ボリバルが当該の演説で独立闘争の基本原則を表明したことに注意を促し、

「そして軍がここにいる、200年にわたって独立のために戦う祖国の名誉と尊厳を守る人々がここにいる。(アメリカの)ドナルド・トランプ大統領も排除、脅威も排除する」と話した。

アメリカが軍事介入に言及して威嚇を強めている時期に開始され、2月15日まで続く演習では、軍の作戦準備と将来可能性がある民兵との共同作業能力のテストが目的とされている。

 

(2019年2月11日)



注目ニュース