プーチン露大統領、トルコストリームに関する見解

ロシアのウラジーミル・プーチン大統領は、ロシアの天然ガスを黒海およびトルコを経由して欧州に輸送するトルコストリーム天然ガスパイプラインの建設に関してプロセスは予定通り進行しており、同パイプラインは年末までに作動し始めると発言した。

プーチン露大統領、トルコストリームに関する見解

 

プーチン大統領はセルビア訪問を前に、同国で発行されている「ポリティカ」紙と「ヴェチェルニェ・ノヴォスティ」紙の共同インタビューに答えた。

ロシアのエネルギー企業ガスプロムがパイプラインが陸から欧州に延長されることに関してさまざまなオプションを検討していると明かしたプーチン大統領は、

「このうち1つは、ブルガリア・セルビア・ハンガリーを経由してオーストリアにある配給センターに結合するものである。この場合、セルビアはロシアの天然ガスを使用するだけではなく、同時に天然ガスの輸送も行うことになる。これもセルビア経済にとって重要な利益をもたらすことになる」と見解を述べた。

 

(2019年1月16日)



注目ニュース