プーチン露大統領とマクロン仏大統領がシリア問題を電話で協議

ロシアのウラジーミル・プーチン大統領とフランスのエマニュエル・マクロン大統領が電話でシリアを協議した。

プーチン露大統領とマクロン仏大統領がシリア問題を電話で協議

 

ロシア大統領府クレムリンから書面で出された声明で、プーチン大統領がマクロン大統領と会談したと明かされた。

声明では、

「電話会談では、イスタンブールで2018年10月27日にロシア、トルコ、ドイツ、フランスが開催した首脳会議で憲法委員会設立に関して得られた合意に鑑みて、シリア問題の解決が詳細に取り上げられた」と述べられた。

電話会談で両首脳がウクライナ危機に関して意見交換を行ったとも伝えられた。

 

(2019年1月3日)



注目ニュース