トランプ米大統領、パリのデモに関してツイート

アメリカのドナルド・トランプ大統領は、フランスで発生しているデモに関してアメリカが脱退した気候変動との世界的な対策を目指すパリ協定に言及し、

トランプ米大統領、パリのデモに関してツイート

 

「パリ協定はパリの役に立っていない」と見解を述べた。

トランプ大統領はツイッター(Twitter)上に投稿し、フランス全土にデモと混乱が君臨していると記した。

パリ協定がそれほどパリの役に立っておらず、フランス全土でデモと混乱が発生していると明かしたトランプ大統領は、

「人々は環境保護の名の下に第3世界諸国に大金を支払いたくないのである。彼らは『トランプ大統領を求む』とスローガンを放っている。フランスが好きだ」と述べた。

フランスで11月17日に開始したデモは、近年で最も激しいデモとなった。

デモ者たちはエマニュエル・マクロン大統領に減税と経済状況の改善を求めている。

トランプ大統領は2017年6月に、気候変動の世界的な対策を目指すパリ協定からアメリカが脱退することを決定したと発表している。

 

(2018年12月8日)



注目ニュース