アメリカ、黒海に戦艦を配置する準備か

ロシアとウクライナ間の緊張により、アメリカが黒海に戦艦を配置する準備をしていると報道された。

アメリカ、黒海に戦艦を配置する準備か

 

アメリカのCNN局がアメリカ国防総省の当局者3人に基づいて伝えたところによると、アゾフ海でウクライナとロシアの間で発生した危機への対応としてこの措置が講じられたと明かされた。

報道ではまた、アメリカ国防総省がアメリカ国務省にモントルー条約の枠組みでトルコにボスポラス海峡から黒海への戦艦の通過に向けて許可を申請するよう求めたと主張された。

この件に関してアナドル通信社に発言したアメリカ国防総省のエリック・パホン報道官は、アメリカの戦艦の配置と場所に関して何らかの情報は伝えられないと説明し、

「アメリカは、モントルー条約に基づく義務に全面的に忠実である。われわれは特別な外交コミュニケーションの内容を開示しない」と述べた。

アメリカのある当局者はアメリカ海軍が選択肢の幅を広げるために定期的にトルコにこのような申請をしており、アメリカが毎年数十回モントルー条約の枠組みでトルコに通過申請を行っているものの、このうちほんの一部のみが許可されていると述べた。

黒海は、アメリカ欧州軍(EUCOM)と第6艦隊の任務地域となっている。

1936年に調印されたモントルー条約によると、黒海に沿岸を接していない国は、チャナッカレ(ダーダネルス)海峡とボスポラス海峡を軍用船が通過することに関してトルコに15日前から許可を申請する必要がある。

 

(2018年12月6日)



注目ニュース