【ナイジェリア】 ボコ・ハラムの報道官が作戦で殺害

ナイジェリアでテロ組織ボコ・ハラムに対して実行された作戦で、同組織の報道官アフマド・サーレが殺害された。

【ナイジェリア】 ボコ・ハラムの報道官が作戦で殺害

 

ナイジェリア軍から出された発表で、同国北東部にあるボコ・ハラムの「要塞」に作戦が実行されたと明かされた。

作戦で組織報道官のアフマド・サーレが殺害されたと述べられた。

ナイジェリアで2000年代初頭に出現し始めたボコ・ハラムが2009年以降に行った大量暴力行為は、2万人以上が死亡する原因となった。

組織は2015年以降、ナイジェリアの隣国カメルーン、ベニン、チャド、ニジェールでも攻撃を行っている。

組織がチャド湖盆地で行った攻撃では2000人以上が死亡した。

 

(2018年11月18日)



注目ニュース