【ドイツ】 外国人によるドイツ人殺害に対してデモ

ザクセン・アンハルト州のケーテンで、2つのグループの間で発生した喧嘩の結果、22歳の青年が死亡した。

【ドイツ】 外国人によるドイツ人殺害に対してデモ

 

ザクセン・アンハルト州検察庁は、開始された捜査で容疑者としてアフガニスタン人2人の身柄を拘束し、3人目は釈放されたと発表した。

死亡したドイツ国民は検視報告で心臓発作の結果死亡したとされた。

一方、市内の極右主義者たちは再び町に繰り出した。

極右主義者たちが「哀悼の行進」を行う一方、左翼も「人種差別無差別殺人を阻止するため」市内で集まった。

ドイツのケムニッツでは2週間前にもドイツ国民が殺害されている。

シリア人1人、イラク人2人が逮捕されたあと、ケムニッツでは極右主義者たちが外国人を攻撃し、デモを行っている。

 

(2018年9月10日)



注目ニュース