【アフガニスタン】 自爆攻撃で32人が死亡

アフガニスタン東部ナンガハル州で行われた自爆攻撃で、32人が死亡した。

【アフガニスタン】 自爆攻撃で32人が死亡

ナンガハル州知事府のアタウッラー・ホグヤニ報道官は、デフカイ地方で反政府デモを行った人々の間に紛れた人物1人が、身につけていた爆弾を爆発させたと述べた。

この攻撃で32人が死亡したと述べたホグヤニ報道官は、128人が負傷したとも伝えた。

ホグヤニ報道官は、デモ参加者たちは、村々の一部の警護司令官が暴力行為を行ったと乗り由で反政府デモを行ったと伝えた。

この攻撃の犯行声明は現在のところ出ていない。

 

(2018年9月11日)



注目ニュース