イスラエル・エネルギー相、EUに対し「地獄に堕ちろ」と発言

イスラエル・エネルギー省のユバル・シュタイニッツ大臣が、イスラエルに向けた捜査が行われるよう呼びかけた欧州連合(EU)に対し、「地獄に堕ちろ」と発言した。

イスラエル・エネルギー相、EUに対し「地獄に堕ちろ」と発言

シュタイニッツ大臣は、わずか2週間前には「5月9日ヨーロッパの日」を祝福し、EUとイスラエルの関係を称賛している。

イスラエルの新聞社ハアレツのニュースによると、シュタイニッツ大臣は、5月14日にアメリカが在イスラエル大使館をテルアビブから(一部の国や地域ではエルサレムと呼ばれている)クドゥスに移転した際に、ガザで抗議デモを行ったパレスチナ人のうち65人が殺害されたことでイスラエルを批判し、イスラエルへの捜査が行われるよう呼びかけたEUに対し、

「何千人でも地獄に堕ちろ」と発言した。

EUはイスラエルを裏切ったと主張したシュタイニッツ大臣は、

「EUは現在イランに歩み寄っており、アメリカの制裁に対しイラン政府を支援しようとしている。イランは女性の権利を踏み躙り、化学兵器を生産したシリアのアサド政権とテロリズムを支援している。」と話した。

 

(2018年5月23日)



注目ニュース