フランスで徴兵制実施計画

フランスのエマニュエル・マクロン大統領が選挙運動で約束した青年男女への徴兵制が実施される。

フランスで徴兵制実施計画

マクロン大統領によって結成されたワーキンググループが、徴兵制に向けて作成した報告書を発表した。

16歳以上のフランス国民に少なくとも1か月の兵役義務を課すことが計画されている。

希望する者は兵役を延長することができる。

兵役延長を希望する者には給与付きの勤務の機会が与えられる。

プロジェクト責任者のメナウィーヌ将官は、

「寄宿制の1か月間のうちにスポーツ活動、危機管理、共和国と国民の原理を学ぶことが目的である。」と語った。

5月に承認が見込まれる報告書が予定する徴兵制の実施には、24億~31億ユーロ(3170億円~4095億円)の予算が必要とされる。

フランス軍は、そもそも制限されている予算を共有せざるを得なくなることを懸念している。

 

(2018年4月29日)



注目ニュース