【イラン】レザー・シャー元国王のものとされるミイラが発見

イランの都市レイで、かつての王レザー・シャー・パフラヴィーのものであると主張されるミイラが発見された。

【イラン】レザー・シャー元国王のものとされるミイラが発見

イランの公式通信社、イスラーム共和国通信(IRNA)のニュースによると、テヘラン・イスラム評議会文化遺産観光委員会のハサン・ハリラバディ会長は、レイにあるアブドゥラジム陵墓の西部の拡張活動の際に、1体のミイラが発見されたと述べた。

ミイラがイランのかつての王レザー・シャーのものである可能性があると述べたハリラバディ会長は、関係者によって必要な調査が行われると伝えた。

1925年にイランでパフラヴィー王朝を創始し政権を握ったレザー・シャーは、第二次世界大戦でイギリスとソ連がイランを占領した際に流刑にされた南アフリカで、1944年に死亡した。

レザー・シャーの遺体はエジプトでミイラにされ、長い間カイロのリファイ・モスクに保存された。

このミイラは1950年にイランに運ばれ、レイで建造された霊廟に式典により埋葬された。

レザー・シャーの霊廟は、1979年のイラン革命の後にアーヤトゥッラー・ホメイニ師の承認を得て破壊された。

 

(2018年4月24日)



注目ニュース