スイス・アルプス山脈で雪崩発生、1人死亡

スイスのアルプス山脈のイタリア国境側で雪崩が発生し、1人の登山家が死亡し、3人が負傷した。

スイス・アルプス山脈で雪崩発生、1人死亡

スイス通信(SDA)のニュースによれば、ヴァレー州警察局が、昨日(2月24日)午後にアロラ渓谷付近のエイギュイーユ・ド・ラ・ツァ山の標高3500メートルの山小屋を出発した4人の登山家が雪崩に巻き込まれたことを発表した。

負傷した状態で救出された登山家たちは、ヘリコプターでシオン市の病院に搬送された。

登山家のうち、40歳であることが判明した女性1人が夜中に死亡したことが発表された。

負傷した3人の健康状態は良好だと伝えられた。

昨月にスイスのアルプス山脈で3度雪崩が発生した結果、3人の登山家が死亡している。

 

(2018年2月25日)


キーワード: 雪崩 , アルプス山脈 , スイス

注目ニュース