【ドイツ】 テロ組織支持者、社会民主党の建物を襲撃

ドイツ社会民主党(SDP)ハンブルク州事務局が、分離主義テロ組織PKKとPYDの支持者とドイツ左派グループの一団の襲撃を受けた。

【ドイツ】 テロ組織支持者、社会民主党の建物を襲撃

ドイツメディアは、現地時刻16:30にドイツ社会民主党ハンブルク州事務局の建物であるクルト・シューマッハ・ハウスに向かったテロ組織PKKの支持者らが、建物に侵入してしばらく活動を行ったと報じた。

この実行者らが、トルコがシリアのアフリン地域に向けて実施している「オリーブの枝作戦」に反対するスローガンを叫んだことが伝えられた。

ニュースでは、建物のバルコニーでテロ組織PKKとPYDの幕を開いた実行者が、花火を打ち上げたことが伝えられた。

ドイツ警察機動隊の介入により建物を去ったテロ組織PKKとPYDの支持者のうち2人が拘束され、別の4人についても罪の宣告が行われた。

 

(2018年2月13日)



注目ニュース