「ムハンメド」の名前、昨年ウィーンで生まれた赤ちゃんの3番目に人気の名前に

「ムハンメド」の名前が、オーストリアの首都ウィーンで昨年生まれた子どもたちにつけられた最も人気のある名前の中で3位になったことが伝えられた。

「ムハンメド」の名前、昨年ウィーンで生まれた赤ちゃんの3番目に人気の名前に

クローネン・ツァイトゥンク紙の、ウィーン市役所の第23番統計局のデータに基づくニュースで、

「2017年に生まれた子どもたちに最も多くつけられた名前は、アレクサンダーとマクシミリアンであり、ムスリムが起源のムハンメドという名前は3番目になったことが公式に確認された。」と伝えられた。

ムハンメドという名前の書き方全体が注意を惹いたと伝えられたニュースで、昨年ウィーンで175人のアレクサンダー、161人のマクシミリアン、そして159人のムハンメドという名前の赤ちゃんが誕生したと明らかにされた。

ダーヴィト(143人)とフィリップ(137人)という名前は順番に4番目と5番目に人気の名前となった。

ニュースでは、女の子に最も多くつけられた名前はゾフィア(183人)、ザラ(173人)、アンナ(142人)だと伝えられた。

 

(2018年1月10日)



注目ニュース