【シリア】 東グータに飢饉が広がる

シリアの首都ダマスカスの、アサド政権軍の包囲下にある東グータ地域で、飢饉が広がっている。

【シリア】 東グータに飢饉が広がる

アサド政権軍は、人道支援がその管理地点から同地域に向かうことを許可していないため、東グータには基本的必需品が届けられない。

茶、米、砂糖、レンズマメ、油、精麦の貯蔵が底をついた同地域で人々は、まだ残っている僅かな量の食糧品を、高値で、または闇市で、9-10倍の値段で購入している。

同地域で油、砂糖、茶、小麦粉、乳製品がなくなったと伝えられる中、栄養失調により子どもたちが死亡していると述べられている。

地域住民は、一刻も早い禁輸の解除を望んでいる。

ダマスカス東部にある東グータ地域にいるおよそ40万人の民間人は、5年以上にわたりアサド政権によって禁輸を科されている。

 

(2017年10月7日)



注目ニュース