イドリブ国境に軍車両や司令部隊が展開

シリアのイドリブにある非衝突地帯に行われる予定の変遷の内容で、トルコのハタイに派遣された軍車両、司令部隊、装甲人員輸送車、作業用機械、軍救急車が、レイハンル国境にある警備所に展開された。

イドリブ国境に軍車両や司令部隊が展開

軍の上級関係者も国境警備所を訪問した。

一方、行われる予定の変遷を取材しようとする多くの報道関係者も同地域に行き、国境での進展を見守っている。

トルコ、ロシア、イランがカザフスタンの首都アスタナで行った諸会議で、シリアのトルコ国境にあるイドリブ県が非衝突地帯として宣言されている。

合意によると、トルコのイドリブでの非衝突地帯の境界線を構成する安全地帯で管理・監視地点を設置しての軍の展開が決定されている。

監視勢力の本来の任務は、アサド政権と反体制派の間の衝突を阻止し、停戦の違反があり得る場合にそれを追究することとして定義されている。

 

(2017年10月7日)


キーワード: 国境 , ハタイ , イドリブ

注目ニュース