【ドイツ】 暴風で7人が死亡

ドイツのハンブルクとベルリンを襲った暴風で7人が死亡した。

【ドイツ】 暴風で7人が死亡

 

時速180キロメートル毎時に達した風により、木がなぎ倒された。

乗っていた車の上に木が倒れ、2人が死亡した。

ブランデンブルク地方とベルリンでは5人が死亡した。

発生した事故により多数の人も負傷した。

ハンブルク当局は、市民に外出しないよう警告した。

首都ベルリンにある空港では運行に遅延が出た。

公共交通機関でも混乱が見られた。

一部列車は運行を停止した。

アムステルダム・ベルリン間の運行を行っていた急行列車は、乗客が降ろされて、スポーツホールに移動させられた。

強風はポーランドに前進しているとされた。

 

(2017年10月6日)



注目ニュース