ネパールで洪水・土砂崩れ

ネパール南部で豪雨が原因となった洪水と土砂崩れで、少なくとも47人が死亡した。

ネパールで洪水・土砂崩れ

警察局報道官のプシュカル・カルキ氏は発表を行い、8月11日金曜日から現在まで続く激しいモンスーンの雨が土砂崩れの原因となり、同国南部の9都市で少なくとも47人が死亡したと述べた。

豪雨による洪水や土砂崩れが原因で、24人が行方不明になっていると述べたカルキ氏は、およそ3万1000人世帯が自宅を失ったと述べた。

死者が増加する恐れがあると強調したカルキ氏は、豪雨が続いているために、救助隊の活動がしばしば中断されていると付け加えた。

一方、洪水と土砂崩れが原因で、多くの地域で通信が途絶え、停電が発生していると伝えられた。

 

(2017年8月13日)


キーワード: 土砂崩れ , 洪水 , ネパール

注目ニュース