【ギリシャ】 追加緊縮財政措置法案が議会を通過

ギリシャ議会は、第3救済プログラムの一環として追加緊縮財政措置を含む一括法案を承認した。

yunanistan kemer sıkma gösteri.jpg

 

議会で2日間続いた厳しい論争のあと行われた投票で、法案は政府の連立パートナーである「急進左派連合(SYRIZA)」と「独立ギリシャ人」の投票によって議会を通過した。

議員153人が法案に対して投票したが、議員128人が反対票を投じた。

議会で会議が続く中、組合の先導で法案に対する抗議運動が行われた。

抗議運動の際、覆面をつけた集団が警察に火炎瓶で攻撃して議会に進入しようとし、これを受けてデモ隊と警察の間で衝突が起こった。

デモ隊が議会建物前にある無名兵士記念碑のそばに立つ警備小屋に放火すると、警察は催涙ガスを使って介入した。

デモ隊の攻撃に遭った新聞記者1人が負傷する一方、3人が身柄を拘束された。

ギリシャ政府が救済プログラムの一環として新たな貸付の分割発行の自由化のために債権者と行った合意は、2019年期と2020年期に年金と税金免除の上限を引き下げて49億ユーロ(約6095億円)削減すると想定されている。

 

(2017年5月19日)


キーワード: ギリシャ

注目ニュース